旧要領

第1章 総則

第1 教育課程編成の一般方針
  1. 各学校においては、法令及びこの章以下に示すところに従い、生徒の人間として調和のとれた育成を目指し、地域や学校の実態及び生徒の心身の発達段階特性等を十分考慮して、適切な教育課程を編成するものとする。
     学校の教育活動を進めるに当たっては、自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力の育成を図るとともに、基礎的基本的な内容の指導を徹底し、個性を生かす教育の充実に努めなければならない。
  2. 学校における道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うものとし、道徳の時間はもとより、各教科及び特別活動においても、それぞれの特質に応じて適切な指導を行わなければならない。
     道徳教育を進めるに当たっては、教師と生徒及び生徒相互人間関係を深めるとともに、生徒が人間としての生き方についての自覚を深め、豊かな体験を通して内面に根ざした道徳性の育成が図られるよう配慮しなければならない。また、家庭地域社会との連携を図り、日常生活における基本的な生活習慣望ましい人間関係の育成などにかかわる道徳的実践が促されるよう配慮しなければならない。
  3. 学校における体育に関する指導は、学校の教育活動全体を通じて適切に行うものとする。特に、体力の向上及び健康の保持増進に関する指導については、保健体育科の時間はもとより、特別活動などにおいても十分行うよう努めることとし、それらの指導を通して、日常生活における適切な体育的活動が促されるとともに、生涯を通じて健康で安全な生活を送るための基礎が培われるよう配慮しなければならない。
第2 内容等の取扱いに関する共通的事項
  1. 第2章以下に示す各教科道徳及び特別活動(以下「各教科等」という。)の内容に関する事項は、特に示す場合を除き、いずれの学校においても取り扱わなければならない。
     学校において特に必要がある場合には、第2章以下に示していない内容を加えても差し支えないが、その場合には、第2章以下に示す各教科等及び各学年、各分野又は各領域の目標や内容の趣旨を逸脱したり、生徒の負担過重となったりすることのないようにしなければならない。
  2. 第2章以下に示す各教科等及び各学年、各分野又は各領域の学年別の内容に掲げる事項の順序は、特に示す場合を除き、指導の順序を示すものではないので、学校においては、その取扱いについて適切な工夫を加えるものとする。
  3. 学校において2以上の学年の児童で編成する学級について特に必要がある場合には、各教科の目標の達成に支障のない範囲内で、各教科の目標及び内容について学年別の順序によらないことができる。
第5 授業時数等の取扱い
授業時数については、次の通り取り扱うものとする。
(1)各教科等[特別活動については、学級活動(学校給食に係るものを除く。(3)について同じ。)に限る。]の授業は年間35週以上にわたって行うように計画すること。ただし、選択教科の授業については、学校において特に必要がある場合には、適切な計画のもとに35週を下回って行うことができること。いずれの場合にあっても、週当たりの授業時数が生徒の負担過重とならないようにすること。なお、給食、休憩などの時間については、学校において工夫を加え、適切に定めること。
(2)特別活動の授業のうち、クラブ活動については、学校や生徒の実態等を考慮して、年間を通じて計画的に行うようにすること。また、生徒会活動及び学校行事については、それらの内容に応じ、年間、学期ごと、月ごとなどに適切な授業時数を充てるようにすること。
(3)各教科等(特別活動については、学級活動及びクラブ活動に限る。)のそれぞれの授業の1単位時間は、50分を常例とし、学校や生徒の実態に即して適切に定めること。なお、各教科等の特質に応じ、指導方法の工夫によって教育効果を高めることができる場合には、各教科等の年間授業時数を確保しつつ、適切な計画の下に授業の1単位時間を弾力的に運用することができる。
第6 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項
  1. 学校においては、次の事項に配慮しながら、学校の創意工夫を生かし、全体として調和のとれた具体的指導計画を作成するものとする。
    (1)各教科等及び各学年相互間の関連を図り、系統的発展的な指導ができるようにすること。
    (2)各教科の各学年、各分野又は各領域の指導内容については、そのまとめ方や重点の置き方に適切な工夫を加えるとともに、教材等の精選を図り、効果的な指導ができるようにすること。
  2. 以上のほか、次の事項に配慮するものとする。
    (1)学校生活全体を通して、言語に対する意識や関心を高め、言語環境を整え、生徒の言語活動が適正に行われるよう努めること。
    (2)各教科等の指導に当たっては、体験的な活動を重視するとともに、生徒の興味や関心を生かし、自主的自発的な学習が促されるよう工夫すること。
    (3)教師と生徒及び生徒相互の好ましい人間関係を育て、生徒が自主的に判断、行動し積極的に自己を生かしていくことができるよう、生徒指導の充実を図ること。
    (4)生徒が自らの生き方を考え主体的進路を選択することができるよう、学校の教育活動全体を通じ、計画的組織的進路指導を行うこと。
    (5)各教科等の指導に当たっては、学習内容を確実に身に付けることができるよう、生徒の実態等に応じ、学習内容の習熟の程度に応じた指導などに応じた指導方法の工夫改善に努めること。
    (6)学校の実態等に応じ、教師間の連携協力を密にするなど指導体制の工夫改善に努めること。
    (7)心身に障害のある生徒などについては、生徒の実態に即した適切な指導を行うこと。
    (8)海外から帰国した生徒などについては、学校生活への適応を図るとともに、外国における生活経験を生かすなど適切な指導を行うこと。
    (9)視聴覚教材教育機器などの教材教具の適切な活用を図るとともに、学校図書館を計画的に利用しその機能の活用に努めること。
    (10)指導の課程や成果を評価し、指導の改善を行うとともに、学習意欲の向上に生かすよう努めること。
    (11)地域や学校の実態等に応じ、家庭地域社会との連携を深めるとともに、学校相互の連携や交流を図ることにも努めること。

第3章 道徳

第1 目標

 道徳教育の目標は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、人間尊重の精神と生命に対する畏敬の念を家庭、学校、その他社会における具体的な生活の中に生かし、個性豊かな文化の創造と民主的な社会及び国家の発展に努め、進んで平和的国際社会に貢献できる主体性のある日本人を育成するため、その基盤としての道徳性を養うこととする。
 道徳の時間においては、以上の目標に基づき、各教科及び特別活動における道徳教育と密接な関連を図りながら、計画的発展的な指導によってこれを補充深化統合し、生徒の道徳的心情を豊かにし、道徳的判断力を高め、道徳的実践意欲態度の向上を図ることを通して、人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育成するものとする。

第3 指導計画の作成と内容の取扱い

  1. 学校においては、次に示すところにより、道徳教育の全体計画と道徳の時間の年間指導計画を作成するものとする。なお、これらの計画は固定的なものと考えず、必要に応じて計画に弾力性をもたせるものとする。
    (1)道徳教育の全体計画においては、学校における全教育活動との関連の下に、生徒、学校及び地域の実態を考慮して、学校の道徳教育の重点目標を設定するとともに、第2に示す道徳の内容と各教科及び特別活動における指導との関連並びに家庭や地域社会との連携の方法を示す必要があること。
    (2)道徳の時間の年間指導計画においては、道徳教育の全体計画に基づき、各教科及び特別活動における道徳教育との関連を示す必要があること。また、その作成に当たっては各学年における指導内容の配列を工夫するとともに、学年間の関連を図る必要があること。
  2. 第2の内容については、いずれの学年においてもすべてを取り上げるものとするが、生徒や学校の実態に応じて必要な内容項目を重点的にあるいは繰り返して取り上げたり、幾つかの内容項目を関連付けて指導したりするなどの工夫を行う必要がある。
  3. 道徳の時間における指導に当たっては、すべての内容項目が人間としての生き方についての自覚とかかわるように留意するとともに、生徒の発達段階を考慮して適切な指導を行うようにするものとする。その際、おおむね、低学年では基本的な生活習慣が定着するよう、高学年では世界の中の日本人としての自覚が深まるよう配慮する必要がある。
  4. 道徳の時間における指導に当たっては、生徒が興味や関心をもつ教材を開発したり、個に応じた指導を工夫したりするなど、生徒が自ら道徳的実践力を養い、内面に根ざした道徳性の育成が図られるよう配慮する必要がある。
  5. 道徳教育を進めるに当たっては、学級や学校の環境を整えるとともに、学校の道徳教育の指導内容が生徒の日常生活に生かされるよう家庭や地域社会との共通理解を深め、相互の連携を図るよう配慮する必要がある。
  6. 生徒の道徳性については、常にその実態を把握し指導に生かすよう努める必要がある。ただし、各教科における評定と同様の評定を、道徳の時間に関して行うことは適切ではない。
  7. 道徳の時間の指導は、学級担任の教師が行うことを原則とする。

第4章 特別活動

第1 目標

 望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団の一員としてよりよい生活を築こうとする自主的実践的な態度を育てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う。

第2 内容

A 学級活動
学級活動においては、学級を単位として、学級や学校の生活の充実向上を図り、生徒が直面する諸課題への対応や健全生活態度の育成に資する活動を行うこと。
(1)学級や学校の生活の充実と向上に関すること。
(2)個人及び社会の一員としての在り方、学業生活の充実及び健康や安全に関すること。
(3)将来の生き方進路の適切な選択に関すること。
B 生徒会活動
生徒会活動においては、学校の全生徒をもって組織する生徒会において、学校生活の充実改善向上を図る活動、生徒の諸活動についての連絡調整に関する活動及び学校行事への協力に関する活動などを行うこと。
C クラブ活動
クラブ活動においては、原則として学年学級の所属を離れ、共通の興味や関心をもつ生徒をもって組織するクラブにおいて、全生徒が文化的体育的生産的又は奉仕的な活動のいずれかの活動を行うこと。
D 学校行事
学校行事においては、全校又は学年を単位として、学校生活に秩序変化を与え、集団への所属感を深め、学校生活の充実と発展に資する体験的な活動を行うこと。
(1)儀式的行事
学校生活に有意義な変化折り目を付け、厳粛清新な気分を味わい、新しい生活の展開への動機付けとなるような活動を行うこと。
(2)学芸的行事
平素の学習活動の成果を総合的に生かし、その向上の意欲を一層高めるような活動を行うこと。
(3)健康安全・体育的行事
心身の健全な発達や健康の保持増進などについての関心を高め、安全な行動や規律ある集団行動の体得、運動に親しむ態度の育成、責任感連帯感の涵養、体力の向上などに資するような活動を行うこと。
(4)旅行・集団宿泊的行事
平素と異なる生活環境にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむとともに、集団生活の在り方や公衆道徳などについての望ましい体験を積むことができるような活動を行うこと。
(5)勤労生産・奉仕的行事
勤労の尊さ意義を理解し、働くことや創造することの喜び体得し、社会奉仕の精神を養うとともに、職業進路にかかわる啓発的な体験が得られるような活動を行うこと。

第3 指導計画の作成と内容の取扱い

  1. 指導計画の作成に当たっては、次の事項に配慮するものとする。
    (1)学校の創意工夫を生かすとともに、学校の実態や生徒の発達段階などを考慮し、生徒による自主的実践的な活動が助長されるようにすること。
    (2)生徒指導の機能を十分に生かすとともに、教育相談進路相談を含む。)についても、生徒の家庭との連絡を密にし、適切に実施できるようにすること。
    (3)学級活動(学校給食に係るものを除く。)については、年間35単位時間程度以上の授業時数を配当するものとし、毎週実施するようにすること。学級活動に配当する授業時数の3分の2程度は第2の内容のAの(2)及び(3)の指導に配当すること。
    (4)クラブ活動に充てる授業時数は、クラブ活動のねらいの達成のために必要な時間が確保されるよう、学校の実態等を配慮して、適切に定めること。
  2. 学級活動については、学校や生徒の実態に応じて取り上げる指導内容の重点化を図るよう配慮するものとする。また、個々の生徒についての理解を深め、人間的な触れ合いを基礎に指導を行うとともに、指導内容の特質に応じて、教師の適切な指導の下に、生徒の自発的自治的な活動が助長されるよう配慮するものとする。
  3. 生徒会活動及びクラブ活動については、教師の適切な指導の下に、生徒の自発的自治的な活動が展開されるよう配慮するものとする。
  4. クラブ活動については、学校や生徒の実態に応じて実施の形態や方法などを適切に工夫するよう配慮するものとする。なお、部活動に参加する生徒については、当該部活動への参加によりクラブ活動を履修した場合と同様の成果があると認められるときは、部活動への参加をもってクラブ活動の一部又は全部の履修に替えることができるものとする
  5. 学校行事については、学校や地域及び生徒の実態に応じて、各種類ごとに、行事及びその内容を精選して実施すること。
  6. 入学式や卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗掲揚するとともに、国歌斉唱するよう指導するものとする。
  7. 学級活動については、主として学級ごとに、学級担任の教師が指導することを原則とし、活動の内容によって、他の教師などの協力を得ることとする。生徒会活動、クラブ活動及び学校行事については、全教師の協力により適切に指導するものとする。